中村 智 中村 智 (サトルン)

ショートストーリー

story thumbail

陽はまた昇りくりかえす

カテゴリ : 詩
毎日は同じ時間なんだ。

どんなに急いでも、どんなにのんびりしても、1日は24時間なんだ。

生き急いだっていいじゃないか。陽はまた僕らの上を追い越していくだけなんだ。

のんびりしたっていいじゃないか。陽はまた僕らの上を追い越していくだけなんだ。

ある人が亡くなったことをニュースでやっている。

本当は、もっとたくさんの人が亡くなっている。

僕たちは死んでもニュースに...
story thumbail

月と盃

カテゴリ : 私小説
昔は盃の酒に満月を移し出し、眺めるのが風流だったらしい。
嫁がそんな話をしだしたので、満月の夜に試してみた。

盃などというおしゃれなものはなかったので、茶碗に水を入れて月を映してみる。
なかなかうまく写らない。
風もあり、水が波立ってなかなか綺麗に見えない。

風がふっとやんだ時、茶碗の中に綺麗な満月が浮かび上がった。
直接見る月とはちがい、少しゆらゆらと揺れる、綺麗な月だ。
...
story thumbail

アメリカと傘

カテゴリ : 私小説
20年ほど前、私はロサンゼルスに音楽留学していました。
スクールの近くのアパートを借りていて、毎日徒歩でスクールに通っていました。

ロスには雨期と乾期があり、砂漠の中にあるとはいえ、雨期には日本と同じような程度の雨が降ります。
渡米前に友人から「ロスも雨降るよ」と教えられていたので、傘を持って行きました。

渡米後暫くは乾期で雨が数ヶ月も降らなかったのですが、秋口ごろに雨期に入り、雨...
story thumbail

ウツとの戦い

カテゴリ : 私小説
突然の鬱病の宣告。
とりあえず上司に報告すると、出勤日数を減らすことを勧められたが、投薬の効果が2週間ほどで出始め、体調が良くなってきたので通常通りに仕事をしていた。だが、それからさらに2週間ほどたち、体調が一気に悪化した。医師からは休職を勧められ、診断書の結果、1ヶ月の休職が決定。うしろめたさを感じながら1ヶ月を過ごした。

体調はまぁまぁ良くなり、1ヶ月後に復職。元の仕事に戻ったのだが、...
story thumbail

私はこうしてウツになった

カテゴリ : 私小説
「鬱病ですね」
「え?」
2010年11月初め、医師に告げられた病名にショックを隠せなかった。

兆候が現れたのはそれより1年以上前。始めは仕事をしている最中に、突然体が熱くなり、汗が出てくるようになった。また、もともと持病だった心房細動の発作頻度も増えていた。

だが、それほど気にすることもなく仕事に明け暮れていたのだが、2009年8月に、朝起きるとめまいがしてまっすぐ歩けなく、転ん...