中村 智 中村 智 (サトルン)
Blog

ヒトイスはストック型でありながらタイムラインが存在するのが革新的

2018-11-25 13:36:29 UTC
カテゴリ : hitois

SNSのほとんどは、投稿コンテンツに個別のURLが割り当てられないフロー型(流れていくタイプ)なのに対して、ヒトイスは全ての投稿コンテンツに個別のURLが割り当てられるストック型で、Googleなどの検索エンジンで検索出来るというお話はこれまでお話ししてきたとおりです。

ヒトイスユーザー様のほとんどは、ヒトイスが多彩なタイプのコンテンツが投稿できることや、外部サービスとの連携ができるところが新しいと思われているかもしれません。

しかし、僕はこういったところは大したものではなく、ヒトイスがストック型でありながら、タイムライン形式で各コンテンツを閲覧できるところが革新的だと思っています。

ヒトイスのユーザーサイトはポータルサイトになっています。色々な情報、ヒトイス上だけでなく、他のサービスに投稿したものもポータルサイトからアクセスできるのですが、その色々な情報を時系列のタイムライン形式で見ることができます。

例えば、小説投稿サイトに小説を投稿し、はてなブログで日記を書き、ヒトイスでつぶやいたとします。
これらを1つのポータルサイトにまとめるのがヒトイスですが、ただまとめるだけだと、このユーザーのポータルサイトをブックマークしておき、ブックマークからアクセスしないとそのユーザーの動きが見えません。

もし、AさんとBさんとCさんをブックマークしていたら、それぞれのポータルサイトを開かないと3人の動きを把握できません。しかし、ヒトイスのスマホアプリの1つ「hitois follow」を使えば、お気に入りのユーザー全員の動きをタイムラインで閲覧することができます。

アプリを使わなくても、ヒトイスユーザーであれば、自分がフォローしているユーザーの動きを、タイムライン(タイムラインの「フォロー」タブ)で見ることができますが、「hitois follow」を使えば、ヒトイスユーザーでなくてもお気に入りユーザー全員のタイムラインを1つの画面で見ることができます。

しかも、ヒトイスが連携できる全てのサービス上での動きが見えるのです(コメントはまだ連携できていません、半年以内に対応したいです)。

言ってみれば、「hitois follow」は全く新しい「ブックマーク」機能なのです。インターネットの世界にまだ1つしかない新しい機能です。

おそらく、ほとんどのユーザーはこのことに気がついていません。閲覧ユーザーも投稿ユーザーも気がついていないのです。なにしろ、これが革新的であることに僕自身が気がついていませんでした。。。

正直、この革新性に気がつく前まで、ヒトイスって凄いものだという自覚がありませんでした。そのため、自信がなかったのです。ですが、今日この革新性に気がついて、自信が出てきました。

「hitois follow」はめちゃくちゃ便利です。気になるユーザー達のWeb上の活動が手に取るように分かります。一度使ってみてください、革新性に気がつくと思います。

使い方は簡単で、インストールして一番最初はヒトイス全体のタイムラインが表示されます。その中で興味を持った人の名前をタップしてそのユーザーのポータルサイトを表示させた状態で、右上の「Follow!」をタップしてフォローします。すると、左上の「Timeline」をタップするとそのユーザーのタイムラインが表示されます。全体のタイムラインに戻るには、パンくずリスト左端の「All」をタップします。そしてまた別のユーザーのポータルサイトを表示させてフォローしていきます。

複数人のフォローをした状態で「Timeline」をタップすると、フォローユーザー全員の時系列のアクティビティがタイムライン形式で表示されます。ちなみに、次回以降、アプリを起動すると最初からフォローユーザーのタイムラインが表示されます。

便利ですよ、是非、使ってみてください。

コメント

profile thumbnail 創作いとこい漫才作家/オチ屋
2018-11-26 00:02:59 UTC

前から疑問に思っていたんですが,グーグル検索で自分の名前を入れると,VALUの自分のページは上位に出てくるんですが,ヒトイスの自分のページは全然出てこないんです。わたしがVALUとヒトイスを始めた時期はそんなに差がないんですが,どうしてヒトイスは検索しても出てこないのでしょうか?

profile thumbnail サトルン
2018-11-26 03:51:21 UTC

ありゃ、本当だ。「創作いとこい漫才作家」でインデックスされてますね。サブページのタイトルに名前じゃなくニックネームで入れてるからか。

うーん、名前も入れるべきか悩みますね。サブページのタイトルに名前を入れるかニックネームを入れるか考えものです。

インデックスはされているのでそこは安心してください。

名前やニックネームでの検索がどれぐらい重要かですね。

VALUが同時期にはじめて上位なのは、VALUがサブディレクトリ型と言って、みんな同じドメインで個人にディレクトリを割り当てているからです。ユーザー数だけ同一ドメインのページがあるので、コンテンツ数が多く、ドメインパワーが上がりやすいです。

ヒトイスはサブドメイン型と言って、ユーザーそれぞれが異なるドメインを持ちます。そのため、ドメインパワーは個人が頑張らないと上がりません。ですが、誰か別のユーザーがドメインパワーを下げるようなことをしても影響を受けません。

VALUと違ってヒトイスはすべてのページがインデックスされるので、誰かが良からぬ活動をすると、ドメインパワーを下げてしまいます。なので、最初はディレクトリ型より不利ですが、他のユーザーの影響を受けるという理不尽はありません。

またVALUはマイページの1つのURLしか検索対象になりませんが、ヒトイスはすべてのページが検索対象になります。1つのURLのみだと、そのページは内容が多く非常に有利になりますが、コンテンツ単位では検索できません。ヒトイスは各コンテンツにインデックスが分散されますが、複数のページが検索対象になるので、じわじわと有利になってきます。

例えば「ストーリーやオチがしっかりした漫才」で検索すると、ヒトイスのページがヒットしますが、VALUは上位に来ません。

内容にヒットするのがヒトイスで、名前にヒットするのがVALUです。もちろんドメインパワーが上がってきたら名前でも上位に入れるようになります。

profile thumbnail 創作いとこい漫才作家/オチ屋
2018-11-26 07:44:03 UTC

すごいですね。こんなこと考えたこともなかったです。

「ストーリーやオチがしっかりした漫才」で検索してみたところ,わたしのグーグルでは,VALUが3番目で,ヒトイスが7番目に出てくるんですが…

profile thumbnail サトルン
2018-11-26 13:57:58 UTC

あ、確かにVALUもヒットしますね。あれ? さっきはヒットしなかったのに。僕の検索ではヒトイスは3位で、VALUが4位ですね。

そうかぁ、さすがにマニフェストはヒットするか。でもさっきはしなかったんだけどなぁ。

まぁ、ドメインパワーの影響でヒットするものは今のところVALUが優位になるキーワードもあるということですね。

なんかもう少し上位に行く方法を考えれそうです。チャレンジしたくなってきました。

profile thumbnail サトルン
2018-11-26 16:08:33 UTC

まぁでも、サブディレクトリ型は強いですね。1万人ユーザーがいたら、1人1ページでも同じドメインに1万ページできますからね。

サブドメイン型は1万ドメインに1ページずつ分散されるので弱い。

ただ、サブディレクトリ型は1人でもGoogleのペナルティを受けると、全員ヒットしなくなります。そこが怖いんですよね。

サブドメイン型は他人の影響を受けず、頑張っただけ上がってくるものですが、スタートが0からなんですよね。

サブディレクトリ型はスタート時にすでに全ユーザーの影響を受けるので、良い影響であれば断然優位になります。

あ、でもヒトイスも他のユーザーと関わることでリンクを受けて評価が上がるんです。VALUはハイリスクハイリターンで、ヒトイスはローリスクローリターンですね。

ローリスクハイリターンにしていく努力をしていきたいと思います。

コメントする