中村 智 中村 智 (サトルン)
Blog

日本の教育制度は古い、時代遅れだ、責任者出てこい

2016-04-21 13:55:55 UTC
カテゴリ : 子育て

うちの娘は成績が良い。学校の勉強ぐらい楽勝だそうだ。そらそうだ、昔ながらの横一列教育をやってるんだから、できる人はどんどん飛び級させてやってほしい。

そもそも、現代の社会で横並び教育をやってるなんて考えられん。次元が違うんだよ次元が。

横並び教育は戦後全ての子に同じ教育を受けさせ、学力の底上げをするために導入された。社会が熟成し、子供のレベルが上がった現代においてはむしろ足かせだ。

長女は釣りが好きなので、その道でプロを目指してほしい。だが、学校にはそれを支援する制度はない。毎日朝まずめに釣りに行って、学校には1時間遅れで登校しても良いじゃないか。

子供の頃からプロを意識することは大切だ。世の中には小さい頃からプロのピアニストになりたい、ギタリストになりたい、ダンサーになりたい、作家になりたい、などなどいろいろな夢を持った子がいる。

なのに学校で教えることは同じことばかり。子供の将来の芽を摘んで何が学校か? 面倒だから一律同じことを教えるのか? 金がないからか? 老人に使う金はあっても子供に使う金はないってか? 日本は終わりだな。

子供に早くからやりたいことを見つけさせ、行政が最大限協力する。それこそがこれからの日本を背負っていく若者を生み出すんじゃないか?

今学校でやってる教育なんて必要最低限で良い。テストに合格したらすぐに新しいことに取り組ませれば良い。何をするかは子供が決める。それで良いんじゃないか。

今の中学生や高校生が発想することってものすごく面白い。彼らがそれをサービス化する技術を持っていたら、とてもクールなサービスが作れるんじゃないか。でもその技術を教えてないから作れない。宝の持ち腐れになる。

僕のようなおっさんには想像できないようなことを若者は考えている。僕が今持ってる技術を彼らに教えれば、すごいものを作ってくれると思う。僕にとっては脅威になるけど、それぐらいやらんと日本は本当にダメになる。

教育委員会とか文部科学省とかのお偉さんの頭の中が100年ぐらい古いんだろう。こいつらを追い出さなきゃ日本は終わりだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントする