中村 智 中村 智 (サトルン)
Blog

外部ブログ等のコメントも集めたい

2018-11-02 13:44:58 UTC
カテゴリ : hitois

ヒトイスは外部ブログ等への投稿をキャッチして、アクティビティやアーカイブに反映してますが、コメントも同じようにしたいです。

具体的には、外部のブログに投稿したら、ヒトイスはその行動をアクティビティとして一覧にリンク等を表示したり、ブログのアーカイブに記事の出だしを表示したり、TwitterやFacebookに通知したりしています。

コメントについても同様のことができないか。最も簡単な方法は、アーカイブにコメントできるようにすること。でもそれはヒトイスの理念に反するんですよね。

外部ブログはそのブログが主役なんですよ。ヒトイスはハブに過ぎず、裏方として存在しなければならない。外部ブログのコメントをヒトイスが全部取ってしまってはいけないと考えてます。

一方で、コメント機能をヒトイスが外部ブログに提供するというのはありかなと考えています。

コメントはヒトイスのデータストアに保存されますが、表示は外部ブログにする。これならアクティビティとしてヒトイスにも表示ができる。

ブログを読んでいる人は、コメントがヒトイスのコメントを使っているとは意識せず、自然にブログに埋め込まれているようにすれば良いのかなって。

ヒトイスには強みがあって、昨日ブログで書いた人工知能による、コメントの反社会性などを解析して弾く技術があります。

付加価値のあるコメントAPIであれば、利用されるのではないかと考えています。

実現したら、僕が鮎くんのブログにコメントして、コメントしたよってことはヒトイスを通じて拡散される。WinWinの関係ができるんじゃないかな。

技術的検証は必要ですが。ああ、でも11月中に技術開発はほとんど終わらせて、12月からはコンテンツ作りにシフトするんやった。間に合うか! やっぱり自分を追い込んでるw。

コメント

profile thumbnail あゆくん
2018-11-02 14:55:32 UTC

コメント機能便利そうで良いですね!
ブログ更新アクティビティにも実はびっくりしてました。あれ?サイトしか載せてないのに!!という感じで。

このブログ記事はVALUにも載せたらどうでしょうか?
僕は最近のこれができるよ!って記事を見ると興味津々になります。

・・・ちなみに転載した文字はGoogle検索に影響でるんでしょうか?例えばVALUで書いた内容をブログに載せるとか。

profile thumbnail サトルン
2018-11-03 03:36:58 UTC

VALUはフロー型と言って、書いた記事がどんどん過去に流れていって、検索対象にならないんですよ。

例えば僕が書いた記事は全て、https://valu.is/nakamurasatoru というURLになり、記事とURLが1対1にならないので、検索エンジンがURLと記事を紐付けることが出来ません。

ただ、VALUにもフィードという概念があって、一応記事にユニークな番号を付けて、URLで指定できるようになっています。こんな感じのURLです。
https://valu.is/users/feed/2731553

しかし、このURLは公開されないので、検索エンジンが見つけることが出来ません。なので、検索エンジンは記事とURLを紐付けることが出来ません。

せっかく記事とURLが1対1になるので、フィードを公開すれば、簡単に検索エンジンで検索できるようになるのですが、残念です。

また、VALUでフィードXML(RSSとかAtomとか呼ばれるものです)を公開してくれれば、ヒトイスとの連携も可能になります。ぜひ公開してほしいものですね。

現状では、VALUに書いた記事は検索対象にならないので、同じ内容をブログに書くと、ブログの方は検索対象になりますし、重複コンテンツとみなされることもありません。

重複コンテンツとは、異なるURLに同じ記事がある状態のことです。
例えば、satorun.hitois.net/a.htmlに「ほげほげ」という記事が紐付いていて、同じ「ほげほげ」がsatorun.hitois.net/b.htmlにもあると、検索エンジンは2つのアドレスに同じものが書かれていて、どっちを検索対象にしたら良いかわからないので、記事自体の評価を下げてしまう、または、2つの記事に評価を分散させてしまうということになります。

ですので、VALUが記事のURLを公開するようになると、ブログとVALUに同じ記事があるのはちょっとまずいことになります。

対策としては、検索対象にならなくても良い方の記事に「canonical」というメタデータをセットすることが一般的です。

しかし、そんな設定をいちいちするのは面倒です。一番良いのは、VALUに書いた記事へのリンク(上記「https://valu.is/users/feed/2731553」みたいなの)を、自分のブログで紹介することです。こうすると、VALUの記事のURLが公開されるので、検索対象にもなります(記事のタイトルがないので、検索結果に並ぶタイトルが多分全て同じになりますが)。自分のブログでVALUに書いた記事をシェアするイメージです。

ちなみに、Facebookは記事とURLが絶対にひも付きません。完全なフロー型なので、例え全て公開しても、検索エンジンで検索できないんですよね。

また、ヒトイスは上記フロー型での記事掲載と、ストック型(蓄積型。ブログやWikiが代表的)での記事掲載の双方を実現しています。

おそらく皆さんが普段観ているヒトイスの記事は、ストック型の方です。ストック型は検索でヒットします。

一方で、ヒトイスには「タイムライン」という機能があります。こちらはフロー型です。タイムラインは検索エンジンに対して「インデックスする必要はない」とシグナルを送っているので、タイムラインが検索にヒットすることはありませんし、重複コンテンツになることもありません。

ヒトイスのタイムラインは4種類あります。
1つは、全体のタイムラインです。全てのヒトイスユーザーのアクティビティをタイムライン形式で掲載しています。
https://www.hitois.net/timeline/index.html

2つ目は、自分自身のタイムラインです。自分自身のアクティビティ(他のユーザーへのコメントも含む)をタイムライン形式で掲載しています。
僕の場合、https://satorun.hitois.net/timeline/index.html です。

3つ目は、フォローしているユーザーのタイムラインです。友人や家族などになっているユーザーのアクティビティをタイムライン形式で掲載しています。
僕の場合、https://satorun.hitois.net/followTimeline/index.html です。

自分自身のタイムラインと、フォローしているユーザーのタイムラインは、メニューの「タイムライン」からアクセスできます。

最後の1つは、「hitois follow」というスマホアプリを使って閲覧できる、フォローユーザーのアクティビティをタイムラインにしたものです。
このフォローユーザーは、上記友人や家族などではなく、「hitois follow」でフォローしているユーザーになります。

「hitois follow」は、ヒトイスにログインする必要がなく、ヒトイスユーザー以外でも利用できます。つまり、アカウントと紐づくフォローユーザーではなく、スマホアプリに割り振られたアプリナンバーと紐づくフォローユーザーのアクティビティをタイムラインにしたものです。

狙いは、ヒトイスユーザーでない人が、興味を持ったヒトイスユーザーのアクティビティをいつでも簡単にタイムライン形式で読めるようにしたことです。

ちなみに私はこの「hitois follow」を活用しています。気になるユーザーの日々の活動を簡単に時系列に観ていくことが出来るので、とても便利です。
「hitois follow」はこちらを参照してください。https://www.hitois.net/about/app_family.html.ja#hitois_follow

Webに投稿する記事というのは、第一に「読みやすい」が求められますが、これは「人間が読みやすい」と、「コンピューターが読みやすい」の両方が求められます。せっかく「人間が読みやすい」のに、検索エンジンが読みにくい、または見つけにくいものは、検索で見つけてもらうことが出来ずに、結局読んでもらえないということになります。

一方で、「コンピューターが読みやすい」のに、人間が読みにくいと、せっかく検索でヒットして読みに来てもらったのに、読みにくいから読まれないなんてことにもなります。

ヒトイスは「読みやすい」を常に追求しています。

profile thumbnail あゆくん
2018-11-03 14:31:42 UTC

詳しい説明有り難うございます。
何となく分かりました、後々を考えると地道に記事を書いていった方がよさそうですね!リンク貼ったりも考えてみます。

VALU連携できると通じて拡散しやすくなるかもですね。僕だったらそれだけで興味でますし。

・・・相変わらずお詳しい。
アプリDLしました。

お忙しい所失礼しました。

コメントする

hitoisへの寄付をお願いします。

hitoisは皆様の寄付で運営されています。
詳しくはこちら。