Satoru Nakamura Satoru Nakamura (Satorun)
Blog

2019-02-15 06:05:13 UTC

こんにちは、ファミリーイングリッシュの「使ってみたブログ」へようこそ。
今日からブログの更新をしていこうとおもいます。

ファミリーイングリッシュは、特にお子様がおられる親御さん向けの英会話アプリです。
日常的に使われるフレーズを1日1つ覚えようというもので、家族で協力して毎日1つずつ覚えていく形式になっています。

ただ、説明だけでは分かりにくいところがあると思いますので、我が家(私と妻と娘二人)で使いながら、感じたり思ったりしたことを書いていこうと思い、このブログを立ち上げました。

早速ですが、我が家でファミリーイングリッシュを使ってみて、最初に思ったことを書きます。

我が家の下の娘は幼稚園の年長さんです。
当然のように、アルファベットは読めません。

で、ファミリーイングリッシュですが、日本語と英語を表示して、音声で何と言うのか確認できる仕様にしていたのですが、下の娘曰く、「音声が早すぎて分からない!」だそうです。

そこで、新たに「カナ」ボタンを追加して、カタカナで発音を確認できるようにしました。
英会話しようっていうのにカタカナかよ、と思われるかも知れませんが、小さいお子さんにはこれしか無いと思っています。

本当は、親御さんが発音を教えることで、親御さんも自然と身につくというのが狙いだったのですが、うちの娘は「何としても自分一人でやってやる!」みたいな意気込みがあって、もちろん家族一緒に練習するのですが、やむを得ず「カナ」ボタンをつけました。

ちなみに「カナ」ボタンを押さないとカタカナは表示されないので、目障りではありません。
娘も納得したようです。

というわけで、我が家で使ってみて改良が必要と思われるものは改良していきます。
また、使ってみて気づく学習法などもこのブログで書いていこうと思います。

今日からよろしくお願いします。

2019-02-01 14:06:47 UTC

娘が黒メダカのダルマ4匹を食卓で飼育したいと言うので、サラダボールで育ててたのですが、3匹が転覆し、そのうち1匹が星になりました(T ^ T)。

1匹は全然平気なんだけど、やっぱり水量が少なくて水温変化が激しかったのかな。

同じく食卓の水槽で飼育しているダルマたちはいたって元気なんだけど、やっぱ水量の問題か。冬は水量に気をつけないとダメだね。

2018-12-29 14:32:30 UTC
رده : hitois開発

ヒトイスのユーザーインターフェースは独特です。そのため使いにくいと言われることもありますが、意図があってそうしてます。

Wordpressなどでブログを書かれる方は、管理ページがあるのが最高のインターフェースだと言われ...

نظرات : 1

2018-12-28 09:17:34 UTC
رده : hitois

ヒトイスの夢は、ユーザーの価値をつなぎ合わせてより増幅することです。もちろんヒトイスへの投稿もできますが、その他のサービスへの投稿もすべてつなぎ合わせて、そのユーザーのあらゆる作品、仕事、知識、技術への入口となることを夢見ています。<...

نظرات : 0

2018-12-24 13:28:46 UTC

うーん、今年の夏はあたたかすぎますよね。
メダカが春と勘違いして産卵しました。

ここのところ交尾をよく目にしていたのですが、オスの勘違いだけで、産卵にはいたってなかったのですが、今日はメスも春だと思ったのか、産卵しました。

暖かすぎますよね、今年の冬、雪ふらないし。

2018-12-08 13:11:53 UTC

今日、義理の姉から、「知り合いのメダカが全然餌を食べないって困ってるんだけど、どうしたら良いんかね?」って聞かれました。

ええ、冬は食べません、正常です。それどころか餌やったらいけません、水が汚れます。

冬にメダカが死ぬ最大の原因は餌やりです。食べないのに餌をやると水が汚れてメダカは死んでしまいます。

魚をよく知らない人には驚きかもしれませんが、冬は全く何も食べない魚は結構います。

冬眠ですね。水の底で春をじっと待つ魚はほとんど動かないので、餌はいらないんです。

みなさん気を付けましょうねー。

あ、でも屋内飼育で部屋が暖かい場合は餌を食べるので、食べるかどうか慎重に見守りながら与え量にしてください。

2018-12-01 13:33:43 UTC

仕事と家族サービスに振り回されて、メダカに餌やるの忘れてましたぁ。

といっても2日だけですが、餌をやらないとメダカの体調管理ができないので問題なんだなぁ。

冬場はどのみち餌やり回数減らすのですが、昨日今日と暖かかったからなぁ、メダカちゃんたち腹すかしてるだろうなぁ、申し訳ない。

あしたはちゃんとやるよー。

2018-11-23 22:44:38 UTC

昨日相次いで金魚が2匹転覆しました。ここのところの急激な温度変化が原因かと思います。

転覆した金魚 

別の水槽で飼育しているメダカ達はとても元気です。特にダルマメダカの転覆を心配したのですが、今のところ大丈夫ですね。

メダカは金魚に比べて丈夫なので飼いやすいです。金魚はデリケートすぎるなぁ。

今日は防府天満宮の裸坊祭り、又娘達が金魚をすくってくるに違いない。困ったなぁ。

2018-11-19 07:46:56 UTC

メダカは仲間を顔で見分けているそうです。
多くの動物は仲間を顔で見分けることが出来るのですが、魚で顔を見分けるって凄いですよね。私達が見ても色や柄でしかメダカを見分けることが出来ませんが、メダカはちゃんと仲間を認識しているのです。

また、メダカのメスは顔見知りのオスを好む傾向があるそうです。
よくメダカの繁殖をされている方は、メダカにはオスとメスの相性があり、ペアリングが上手くいく場合と、まったく上手くいかない場合があると言います。

顔を見分けられるメダカですからね、異性の好みとかもあるのかもしれません。
メダカの繁殖が上手くいかないという方は、出来るだけ多くのカップルが出会える環境を作ってあげるのが良いのかもしれません。

2018-11-17 12:50:25 UTC

毎年この季節にはポツポツとメダカが星になるのですが、今年は全然落ちないですね。暖かいからでしょうか。

一昨年はあまりに落ちるので慌てて色々な手を打って親メダカは残せたんですけどね。

12月になっていよいよ寒くなると、星になることはほとんどなくなるんですけどね、不思議です。

今年は8月に孵化したメダカの成長がやや遅いので、冬を越えれるかちょっと心配です。

2018-11-15 08:31:03 UTC

今年の6月だったと思うのですが、小学生の娘が学校の先生から、「学校のメダカが卵を産まないから、家にメダカがいる人は卵を分けてください。」とお願いされました。

なんでも、小学校の理科の教材でメダカを飼って、繁殖や成長過程の観察をする予定で、先生がペットショップから緋メダカを買ってきたのですが、全然卵を産まないと。

で、メダカのおうちではその時、幹之メダカが特に沢山卵を産んでいたので、卵20個ほどを娘に授けました。

卵は1週間ぐらいで孵化して、元気に成長したそうです。

で、今日、娘に「学校のメダカはどうしてる?」って聞いたら、緋メダカは全滅して、メダカのおうちから提供した幹之メダカは元気に成長しているとのこと。うーん、ペットショップで買ったメダカが年寄りだったのではないか?

はじめから「家にメダカがいる人いませんか?」って聞いてくれてたらなぁ。
ただ、幹之メダカは教科書に載っているメダカとはちと色が違う。良かったのかなぁ?

2018-11-14 05:28:46 UTC

メダカ水槽のうち、室内に置いている水槽には、水草(グロッソスティグマとショートヘアグラス)を植えていて、絨毯のようにびっしりと底が水草で覆われています。

この水槽、実は長いこと水換えをしていません。時々蒸発した分を足すぐらいです。
ですが、この水槽で泳いでいるダルマメダカ達は全然元気です。

水質が安定するまでは、ガラス面に苔やアオミドロがついていたのですが、今はとってもクリアなガラス面です。
特に苔をとったりとかもしていません。

水質が安定するには4ヶ月ぐらいかかりましたが、一度安定したら崩れること無く、ずっと安定しています。
ちなみに、ミナミヌマエビも混泳しているのですが、こちらも元気に長生きしています。今は稚エビが少しづつ成長していて可愛らしいです。

ここまで安定すると本当に手間いらずですね。
安定の理由が水草だと確信しています。水草は見た目に美しく、かつ水質を安定させてくれるとても良いアイテムですね。

2018-11-13 02:45:04 UTC

メダカのおうちのメダカたちへの餌やりの頻度を下げています。

ここのところ寒い日が増えてきて、メダカの活動もだんだん低くなってきているので、餌やりの回数を2日に1回まで減らしています。メダカは冬の間はほとんど餌を食べません。秋の間に十分太って冬に備えます。

屋外飼育のメダカは既に冬モードに入っていて、あまり餌を食べなくなってきました。夏の間は1日2回餌やりをしていましたが、今はその1/4しかやってないことになります。

12月になると、ほぼ餌やりはしなくなります。よっぽど暖かく、メダカが活動している場合は餌をやることもありますが、基本的に12月から2月は、メダカはほとんど活動せず、餌を食べなくなります。

室内飼育のメダカは、冬の間でも餌をやりますが、2〜3分ぐらいで食べきる少量の餌やりにします。餌の食べ残しを水質を悪化させるので、冬の間の餌やりは非常に難しいです。ちょっと少ないかもぐらいの餌やりで十分です。毎回、どれぐらい食べるか観察しながら、食べ残しが無いようにしてやりましょう。

2018-11-11 02:30:42 UTC

朝晩は冷え込み、日中は高温になるこの時期、メダカは体調を崩しやすいです。

東天光などはこの時期によく死んでしまいます。
出来るだけ温度変化が小さいようにしてやるのが良いですね。屋内であれば問題ないですが。

ただ、この時期を乗り越えたメダカはたくましく、冬の寒い時期も乗り越えてくれます。
ずっと底にいるので、生きてるかどうか心配になりますが、秋を乗り越えたメダカは寒さぐらいじゃ死にません。

来年3月後半ぐらいになると、水槽を元気に泳ぎ回るようになります。
しばらくメダカを楽しめない時期になりますが、春を楽しみに、そっとしてあげるようにしましょう。

لطفا به hitois اهدا کنید

hitois توسط اهدا همه افراد اداره می شود.
>جزئیات اینجا هستند